SNSを利用する際に気を付けたいこと

SNSにおけるマナーとは

勝手な写真の掲載や投稿などは控えよう

友人と楽しく遊んだときなど、気軽にその時の会話の内容をSNSに書きこんだり、写真を投稿した経験のある方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、軽い気持ちでのSNS投稿が原因で、実際の人間関係がぎくしゃくしてしまうケースというのも実は沢山あります。

まず、人によって、どこまでが情報公開の許容範囲であるかというのは、異なるということを覚えておきましょう。
自分のその日の行動を全てオープンにされても特に気にならない人もいれば、逆に不快になるという人ももちろんいます。

SNSに、自分のことを書いたり、写真を載せて欲しくないという人の場合、勝手にそれをされてしまうと迷惑でしょう。
SNSに掲載したいのであれば、きちんと許可を取るのがマナーだということを忘れないことが大事です。

不用意な発言がトラブルを招く

SNSの中には、自分の名前を伏せて、匿名でコミュニケーションを楽しめるものなどもありますよね。
匿名であることから、ついつい無意識のうちにマナーを忘れて、大胆な発言をしてしまいトラブルを招くケースも少なくありません。

相手の顔が見えないことから、配慮に欠けた発言をしてしまい、それが元で炎上してしまうというのはよくある事例でしょう。
SNS上でのやり取りであっても、実際に相手をしているのは人間なわけですから、コンピューターとは異なり、きちんと感情があります。
不用意な発言により、人を傷つけたり、怒らせたりする可能性があるということは、決して忘れてはいけません。

手軽に楽しめるSNSといえども、思いやりや配慮をもって利用することは、トラブルを回避するうえでも欠かせないことなのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る